スポンサーリンク

引きこもりビジネス

スポンサーリンク
ひきこもり
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自立支援ビジネス

多くの需要があればそこにはビジネスが存在する。それはいつの時代も変わらない。そんな中、自立支援サービスのトラブルも増えている。


今回の取材は、番組に寄せられた60代の夫婦からのファックスがきっかけでした。
20代の娘の自立を支援するという施設に預けたところ、アパートの一室に監禁され、1日一食しか与えられず、暴力を振るわれたとあります。
そして「私どものようにだまされる人が出ないよう、この問題を取り上げてほしい」と記されていました。
一体、何が起きているのか取材しました。
トラブル続出!? “自立支援”ビジネス
番組にファックスを寄せた、佐藤浩さん(仮名)です。
父 佐藤浩さん
「できるだけ多くの方に、こういうことが起こっていることを知っていただきたい。」

2年前、20代後半でアルバイト生活を送っていた娘との親子関係について悩んでいました。
妻 ゆみさん(仮名)
「家庭内暴力ということではないが、1回娘が私をたたいた。今までの家族関係の中では最悪の状態。」

当時、目にしたのが、ひきこもりや家庭内暴力の相談に乗るという自立支援施設のホームページ。
生活態度を一から指導し、さらには就職するまで支援を行うとうたっています。
実際に相談したところ、こう告げられたといいます。
妻 ゆみさん
「『お母さん、お金を残しても何もなりません。娘さんの未来を買いましょう。今できることをやらなきゃ後悔しますよ』と。なんというか、私がやらなきゃっていう気持ちになっていた。」

3か月間の入所で料金は合計570万円。
老後の資金を崩し、娘を預けることに同意しました。
若者の自立を支援する施設は今、全国に少なくとも400はあります。
佐藤さん夫婦が申し込んだのは宿泊型と呼ばれる施設。
共同生活を通して生活力やコミュニケーション能力を高め、就労のための訓練も受けられるというものです。
しかし、娘の一恵さん(仮名)が実際に入所した施設は、そうした自立支援施設とはかけ離れたものだったといいます。
“施設の職員が母親と共に自宅を訪れ、車に乗らざるをえない状況に追い込まれた。そして、アパートの一室で指導を受けることもなく食事すら満足に与えられなかった。”
一恵さん
「起きる時間やご飯の時間は全く決まっていなくて、ひどければ(一日に)一食。ずっと放置。外出は制限されていた。」

一恵さんは職員の目を盗んで逃げ出し、警察に助けを求めましたが、施設側が両親の同意があることを伝えると取り合ってもらえなかったといいます。
その直後、一恵さんは家族に手紙を書きました。
逃げ出したことを理由に、職員から暴力を受けたことが記されています。
一恵さん
「私は殴られたり蹴られた時に過呼吸になって床に転がって泣いていた。本当に、私はここで殺されるんだと思っていた。」

施設に入って3か月後、ようやく逃げ出すことができた一恵さん。
今もなお当時の記憶に苦しめられ、眠ることができません。
医師からは心的外傷後ストレス障害=PTSDと診断されました。
一恵さん
「やっと睡眠をとっても暴力の光景で飛び起きる。飛び起きた時に、この部屋がどこの部屋かが一瞬わからなくてパニックのような症状になる毎日。」


一恵さんが入所していた施設が、取材に応じました。
施設の代表は元警察官。
あくまで運営は適切だったといいます。
「車に乗らざるをえなかった」という一恵さんの主張について、現場で簡単に同意しないケースもあるが、最終的には本人にも同意を得ているといいます。
また、外出が制限されたという主張については、出入りを制限することはないといいます。

クローズアップ現代(2017年5月22日)

これは今から2年前のNHKクローズ現代の取材放送である。被害女性の方はPTSDも発症しておりお気の毒というかさぞお辛いだろうなとお察しします。私自身も発端はパニック発作でしたから・・・・

トラブルはトラブルとして公にし解決する必要はあるのだが、しかし本質として考えないと行けないのはお金を出して教育してもらおうというその親の姿勢と本人の自覚の無さではないか。ナーバスな問題だからなのかほぼそこには触れようとしない現実がある。

ことわざで可愛い子には旅をさせよという言葉があるが、まさにそれを蔑ろにした結果が今であり、今もなお本人の自覚なしに他人様に委ねることが果たして旅をさせることなのだろうか。

本人に至ってもそうだ。施設に入れられそのような仕打ちから逃げても尚、なぜ家に帰るのか。そういう施設に入れたのは親でありまた、そのようなことをさせたのは自分自身なのだ。親を苦しめそして親が汗水して貯蓄した金を自分の為に使わせたのだ。まさに無駄金となった。なのに家に戻る、もうこれは甘えでしかない。

放送の仕方にも問題あるのだろうが、全てが他のせいにしてるように聞こえて仕方がない。

施設のせい 警察のせい 自治体のせい

もちろん違法な施設・ビジネスは取り締まるべきだし社会のそういった弱者に対しての支援はしていくべきだと思う。が、甘えさせるのと支援は違う。

そこから抜け出すのは当事者達の自覚無しでは、いくら支援をしていこうとも自立は不可能だと私は思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました