スポンサーリンク

やる気が出ない時にすべきことはなにか。

スポンサーリンク
メンタル
スポンサーリンク

日々ずっとやる気がないのは精神疾患の可能性もあるが、そうでない度々くるやる気がでないのは普通であり、出来れば無理をせずダラダラして次のやる気が出るまで待ちたいものだが忙しい現代人にはそういうわけにもいかない。

仕事・勉強・家事。やらなくちゃとは思うもののなかなかやる気がでない。やる気を出そうと四苦八苦してる人も多いのではないだろうか。しかしやる気を出そうとすればするほど人はやる気が失われおっくうになるもの。「仕事する気はあるんだけど・・・」「痩せる気はあるんだけど・・・」結果、やる気は空回りに終わる。

スポンサーリンク

行動の成果などを想像してみる

やる気がでないと思う癖をやった後の成果などの想像に替てみる。

▪掃除をする⇒友達(彼女or彼氏)を部屋に招き入れれる

▪ダイエット⇒痩せた自分を想像

などなど。

こうすることでネガティブなモチベーションがポジティブになってやる気が起きてくる。

やる気より覚悟

行動の後のイメージを想像しモチベーションがあがったら次にするべきは覚悟である。やる気を出さないととダラダラとするから更なる悪循環でモチベーションは低下する。モチベーションを上げたところで行動の期限を切ってしまうのである。これが覚悟だ。

掃除を1時間で済ませるなど具体的な期限を切ってやることによって動きやすくなる。

長時間やる気が出ないのはドーパミン不足

長い間、何事にもやる気がでないのはドーパミン不足のおそれがある。ドーパミンとは脳内の神経伝達物質で「やる気と」「わくわく感」の源。

ドーパミンの放出が不足していると

▪やる気がでない

▪ワクワク感がまったくわかない

では、ドーパミンを増やすにはどうすればいいか。手軽にできるものでは”自分を褒める”ことである。仕事や学校が終わったらよくがんばったと声を出して自分を褒める。人は褒められることでやる気伝達物質のドーパミンが排出される。

またドーパミンには運動も必須になる。週4回30分くらいの目安で運動を続けて欲しい。逆に言えばダラダラとした生活はやる気伝達物質ドーパミンが減る傾向にあるといえるかもしれない。

食べ物からドーパミンを増やす

上記の行動と平行に食べ物から摂取もしたいところだ。食べ物を少しあげておく。

アーモンド アボガド バナナ 牛肉 鶏肉 チョコレート、コーヒー、卵、緑茶、ヨーグルト、スイカなどなど。

メンタル
スポンサーリンク
yasu68をフォローする
メンタルを鍛え操作しよう~やすべぇブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました