スポンサーリンク

腸を整え脳(心)を整えよう(腸脳相関)

スポンサーリンク
メンタル
スポンサーリンク

腸と脳の関係を私が知ったのは極々最近。いわゆる腸脳相関っと言われているものだ。体が生命を維持していくのに体のいたるところに指令を出すのは脳からの一方通行と思われていたのが実は腸から脳に指令がいっていることがわかっているのだという。

スポンサーリンク

幸せホルモン、セロトニンは腸内に90%

ストレス社会の現代で幸せホルモンと言われているセロトニンを知らない人は少ないだろう。そのセロトニン、脳から分泌され心の安定を保つわけだがその分泌が乱れるとイライラや不安といった心の不安定がもたらされる。脳にあるセロトニンは実は2%。血液中に8%、90%が腸内に存在し腸で腸内細菌によってセロトニンのモトが作られているのだ。食事から得た栄養素で作られたセロトニンの元は脳へと送られセロトニンになる。

ストレス・下痢・便秘

下痢や便秘で悩む人が多い。私もよく下痢をする。自律神経のバランが良いと脳内はリラックスしその情報も腸へと送られる。すると腸の動きも良好になりその情報がまた脳へ送られる。ストレスが加わると脳は自律神経を介して腸へシグナルを送る、その刺激で下痢や便秘がおきる。下痢や便秘をすると今度は腸が脳へとシグナルを返し更に脳はストレスを産む。なかかか下痢や便秘を繰り返してる人はこうした悪循環から抜け出せていないのだ。

このようなことから心を安定させるにはストレスからの解放はもちろんのことセロトニン貯蔵庫ともいえる腸内を整えることが根本的かつ一番大事といえる。

腸内を整える

摂取したい食べ物

野菜・豆類・キノコ類・わかめ・こんにゃくなど

水溶性植物繊維 不溶性植物繊維をバランスよく摂る

控えたい食べ物

インスタント食品 糖質 (飲料からの糖分摂取)

私自身、よく下痢をする。そんな時にヤクルトをお勧めする。割と早く効果がでる。

適度な運動

腸は蠕動運動(ぜんどう)によって便などを押し出しているわけだがお腹周りの筋力が落ちてしまっていると、この蠕動運動が上手く機能しないことがある。だからと言って腹筋などを何百回と繰り返す必要はない10回~20回をめどにしっかりと筋に負荷をかけてやればよい。

脳にはリズム運動が最適だ。適切な腸内環境で送り出されたセロトニンのもとは脳内でセロトニンになりリズム運動をすることでセロトニンが分泌されストレス解消になり心の安定につながるのだ。運動がいいからといってガンガン運動する必要はない。セロトニンの濃度が高まるのはどんな運動でも20分~30分に達するというデータもある。それ以上続けて運動してもかえってセロトニン濃度は低下する場合がある。ヘトヘトに疲れるまでやらずに心地よいほどの運動を目安にすべきだろう。

腸のゴールデンタイム

自律神経の交感神経は活動中に優位になり副交感神経はリラックスした状態で優位になる神経だが、蝶の働きは副交感神経が司っており就寝中に活発になる。そのことから夜が腸にとってゴールデンタイムと言われる理由である。

腸の蠕動運動を促すには午前0時には寝ている状態にあるのが理想らしい。その為には寝る前などの飲食は避けたい。できる限り21時までに済ませたいところだ。食べてすぐ寝ると交感神経が優位のまま寝てしまうことになるので消化不良になるのだ。

セロトニンを分泌するには日光を浴びることも大切だ。一日の目安として30分くらいは陽射しを浴びよう

メンタル
スポンサーリンク
yasu68をフォローする
メンタルを鍛え操作しよう~やすべぇブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました