スポンサーリンク

鬱やパニック障害の原因はクビの不調だった!?

スポンサーリンク
うつ
スポンサーリンク

”頸性神経筋症候群 ”という病名をご存知だろうか。これは脳神経外科医の松井孝嘉医師が付けた病名で、長年の診察であらゆる不定愁訴の原因は首の不調にあるとし、実に松井医師の病院に通う患者の90%が完治したという。

松井医師の考えでは、二通りのパターンがあり、一つは生活習慣からくる首の疲れで副交感神経が乱れ色々な不定愁訴が合われるものと、むち打ちなど外傷からくる首の筋の異常からくるものとがあるらしい。

では、どのような治療をするのだるか

東京港区になる 東京脳神経センターで診察、治療になるまず初めに簡単な30からなる問診ではじまり、それにより頸性神経筋症候群か否かが診断される。頸性神経症候群と診断されれば通院で治療を行うのだが、入院で治療もあるらしい。入院施設は香川にもあるようだ。

さて、いよいよ治療だが90%の完治治療方法とはどのようなものか。松井医師の本によると主に電気治療・針・温熱治療のようだ。投薬は一切用いることなく治療する。だが、安定剤などを服用中の場合はいきなり服用を止めるのは危険であることから徐々に減らしていく。

早い人では1か月もすれば効果が出始めるという。入院治療であれば2,3か月で完治も可能らしい。

ただ、ネットの評判によればその評価は2分する。主な評価を下記にあげておこう。

Google マップ
Google マップ
Google マップ
Google マップ
Google マップ
Google マップ

90%とというデーターはどのように示されてるのかわからないが驚異的な完治率ではある。ただ、断薬ということもあるわけで慎重に選びたいものだ。

何れにせよコリは自律神経と深く関わっているのは間違いない。これを気に首のコリをほぐしてはいかがだろうか。


うつ
スポンサーリンク
yasu68をフォローする
メンタルを鍛え操作しよう~やすべぇブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました